Some Slight Swears 2009年09月
         
    俺達に明日はあるとかないとか
    スポンサーサイト   --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    MHFの話とか   2009.09.21 Mon
    6.0で追加された氷属性の極長ランス「バーシニャキオーン」を作ったので早速使ってみた。
    凄く・・・長いです・・・
    この長さを活かして何かできないかと考えた結果シェンガオレンに担いでみることに。剛力スキル+匠、耐震装備で撃龍槍を2回撃って23分ぐらい。全破壊でこれなら結構アリなんじゃないかなー。
    リーチが長いから非ダウン時でもヤド内の弱点に余裕で届くんだけど、弱点部位が意外と狭くて適当にヤド内突いてればOKというわけでもなかった。感覚としてはヤドの胴体側半分くらいまでで、上下にもやや厚みのあるヤド判定の硬い部分がある感じ。

    動画も撮ってみた。
    [MHF]極長ランスでシェンガオレンソロ全破壊 1/2

    そして極長ランス振り回してて気づいたんだけど、ランスの「ステップ>中段or上段突き」を先行入力で出すときって左スティック入れっぱで方向微調整できるのね。今まではステップした時点で方向ずれてたら先行入力しないで、向きなおして攻撃してたぜ・・・。これ超重要だと思うんだけど何で今まで気づかなかったんだ。それだけ適当にランス振り回してたってことですね。イカンイカン。

    上の動画でもこの方向微調整先行入力を多用してるけど、角度が同じでも槍が長いとそれだけ修正できる距離が大きくなるわけで、これも極長槍のメリットだと思う。逆に言うと微調整が効きづらいから小さいモンスには向いてないわけだが、小さいモンスに極長ランス担いでどうするんですかって話ですし。おすし。

    ちなみに大剣と太刀でも同じように攻撃方向の微調整が可能(コンボ中)なんだけど、これもあまり触れられてるの見たことないなあ。各武器スレとかwikiの武器紹介とかにはこういう基本的な立ち回りに関するネタこそ入れるべきだと思うのだがどうか。MHFって結構重要なのに未検証だったり曖昧なまま流布されてる情報が多い気がする。なので自分で検証できることはどんどんしていこうと思う。

    とりあえず調べたいことリスト
    ・大剣ランスそれぞれのガード発生フレーム(どっちもガード入力からガード可能になるまで若干のタイムラグがある気がする。体感だとランスの方がちょい遅そう)
    ・モンスターが弱ったとき(捕獲可能体力?)に攻撃動作が遅くなる、という情報の真偽
    ・最近知って衝撃を受けたコレ[ガードの本気]関連。振り向きガードのモーション中は正面ガードでのけぞり方向が逆になるってことなのかな。これとキャラバンスキル[刹那の見切り]の併用が楽しそう。ランスで振り向き直前ガードからキャンセルバックステップで接近して攻撃とか、大剣で突進に振り向き直前ガードからキャンセル前転で追いかけたりとか。夢が広がる。
    スポンサーサイト
    Template by まるぼろらいと
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。