Some Slight Swears 長い一日
         
    俺達に明日はあるとかないとか
    スポンサーサイト   --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    長い一日   2005.06.19 Sun
    LECに社会福祉対策講座を受講しに行ってきた。社会福祉は札幌市独自の試験科目で、参考書も少なく対策が立てづらいので受けておくかってことで。1日だけなんだけど、それでも10時から17時までみっちり6時間の講義。電車で行くか自転車で行くか迷ったけど、天気も良く風も弱かったので自転車で行くことに。自転車で家から札幌の中心に行くにはサイクリングロードを通って行くんだけど、このサイクリングロードはアップダウンが激しく、ハイペースで走ると結構キツイ。それでも初夏の日射しと心地よい風と道端の緑が何とも清々しく、やっぱり自転車にしてよかったと思いつつ走り続けること20分、サイクリングロードの終端に到着。ここは通っていた高校のすぐ近くで、少々思い入れもある土地だ。

    サイクリングロードを下りてから更に数分走ると、豊平川に出る。この橋の上から見る景色は空、山、川という札幌を象徴するような風景でいつ見ても飽きない。埼玉に住んでいたときも、荒川にかかる千住新橋の上から見る景色が大好きで、自転車で通るたびに足を止めて眺めたりしていた。休日は釣り人や草野球チームや家族連れなどで賑わい、夜は首都高を走るトラックや隣の橋を通る電車の明かりが夜空に浮かぶ。そんな風景を見る度に、随分遠くへきたもんだなぁなどと思っていたものだが、今、豊平川の上から札幌の景色を眺めて同じようなことを思うというのも何だか奇妙なものだ。

    豊平川を越えると、碁盤の目エリアに入る。札幌市は整然と区画整備された近代都市なんて教科書には書いてあるけど、この中心部以外は全然碁盤の目状になってなくて、至って普通な作りだったりする。むしろ完全に碁盤の目状だと、斜めに行くときにジグザグに走らなくちゃならないので意外に不便なことも。今回がまさにそうで、碁盤の右下から左上に向かって進むことになる。途中でトーハンの札幌支店らしきものを見かけたりしつつ、目的地に到着。着いてすぐに講義が始まり、久々の90分講義で結構眠かったが何とか午前中を乗り切る。1時間の休憩があったので、前々から行こうと思っていたダーツショップへ。聞くところによると、札幌で唯一の専門店らしい。調べた住所に行くと小さな店構えにダーツとアーチェリーの文字が。住所から場所を探すときだけは碁盤の目の有り難みを感じる。フライトとシャフトと緩み止めリングを買って店を出る。値段も品揃えも悪くない印象。天気が良かったので近くの遊歩道のベンチで昼食をとりながら、さっき買ったフライトとシャフトを取り出して早速つけてみる。なんだか光景としては、買ってきたオモチャを家まで我慢できずに道端で開けてる小学生みたいだけど、実際それと大差ないので問題ない。そうこうしているうちに昼休み終了。午後も3時間の講義。年金の話とかNPOの話とか。死ぬほど眠かったけどなんとか5時まで持ちこたえた。講義が終わって帰ろうとすると、教室から出るその足で隣の自習室へ入っていく人がいたりして、すごい世界だなぁと思いつつゲーセンへ向かう。帰りのサイクリングロードは恐ろしく長く感じた。就職したら自転車通勤もいいかなと思ってたけど、やっぱそれはないわ。
    スポンサーサイト
    管理者にだけ表示を許可する

    TrackBackURL
    → http://3s.blog8.fc2.com/tb.php/11-6f24892a
    Template by まるぼろらいと
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。