Some Slight Swears ハムとダーツと
         
    俺達に明日はあるとかないとか
    スポンサーサイト   --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ハムとダーツと   2005.04.13 Wed
    まぁ地元球団になった途端に日ハム応援しだすっつーのも安易過ぎてどうかと思う今日この頃。実は最近、野球を真剣に見ようという気になりつつある。昔は全然興味なかったんだけど、どうも野球というのはちゃんと見れば面白いらしいということに気づいた。でもやっぱサッカーの方が見てて楽しい気もする。でもサッカーは国内だとフル代表クラス、海外だと日本でも放送されるレベルの試合じゃないといまいち素人目には面白くないのが難点か。昼間やってるコンサドーレの試合とか、ちょっと見れたもんじゃない。逆に高校野球とかはレベル低くても見れる。なんていうかワンプレーに青春が掛かってる感じが何とも言えない。平凡な外野フライでも、ここで落としたら一生夢にでてくるだろうなーとか考えながら見てると結構ハラハラする。

    それはそうと、最近のダーツ事情でも。帰ってきた当初は近場でダーツできる場所があるのかどうかすら不安だったけど、意外に結構あった。家から一番近いゲーセン(と言っても自転車で15分)が1時間400円で投げ放題なので、そこで1人黙々と練習してます。台はたしかspectrumでlive非対応
    。つーか北海道全体でもlive導入店8店しかないんだけど。札幌だと中央区まで行かないとないらしい。本業の合間に息抜きって感じで行ってるので、週2で1回2時間程度なんだけど、やっぱり1人で延々と投げてると、色々と考えながら練習できるので、得る物も多い。ここ何回かはスコアよりもひたすら自分に合ったフォームとグリップを確立することに専念してたんだけど、ようやくそれが固まった気がする。今まで小指以外の4本を全て使ってグリップしてたのを、薬指も外した3本で持つようにした。3本より4本の方が安定するだろと思ってたけど、少なくとも自分の場合は逆だったらしい。加えて、ダーツの軌道が放物線を描くのを嫌い、極力直線的に飛ばすような投げ方だったのを逆にした。これも放物線より直線の方が狙ったとこにいくだろ、と思ってたけど、どうやらそうでも無いらしい。直線的に投げてた時は、好不調の並が激しくて、bull行くとin-bull、すっぽ抜けるとトリプルリングどころかダブルリング上のどれかみたいな事が多々あった。

    フォームとグリップを模索する目安にしたのが、ダーツの空中姿勢、刺さった時の姿勢、収束度の3つ。空中姿勢がふらついてるってことは真っ直ぐ投げ出せてないってことだし、刺さったときの姿勢が下向いたり上向いたりしてるってことは空中姿勢がおかしいってことだし、収束度が悪いってこと全体的に安定してないってことだから、その辺を目安にしてトライアンドエラーの繰り返し。とりあえずはbullに入ったかどうかよりも、bullからどの程度の範囲に収まっているかを重視。まずはトリプルリング内に安定して収まるように、それが安定してきたらトリプルリング内でもよりbull付近に収束するようにって意識して練習。でもこれやってると偶然入った20のトリプルが全然嬉しくなくなるのがアレだけど。そういえばこないだマグレでHigh-Ton出た。bull練習してたら、bull-20トリプル-何かのトリプル、でhigh-ton。全部bull狙って投げてるのに2本もトリプルラインに行ってる時点でダメなんだけど、初めて見たのでちょっと嬉しかったり。今のところC-up自己ベストは529だったか519だったか忘れたけどその辺。近くにlive対応店がないので、グループメニューはあんまり更新できないと思うけど、近況とかスコア更新したらここに書くので、皆さんこれからもダーツやりましょう。
    スポンサーサイト
    管理者にだけ表示を許可する

    TrackBackURL
    → http://3s.blog8.fc2.com/tb.php/2-0f3559b6
    Template by まるぼろらいと
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。