Some Slight Swears ドアノブの件
         
    俺達に明日はあるとかないとか
    スポンサーサイト   --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ドアノブの件   2006.07.21 Fri
    一個下の記事でも書いたけど、やたらとドアノブ関連の検索ワードで来る人が多いので、参考までに自分が交換したときのことなんかを書いておきます。といっても専門家でもなんでもないので、誤情報もあるかも。

    ・ドアノブは自分で交換できるものなのか?
    普通の家の普通のドアノブなら大抵は出来るはず。

    ・必要な工具は?
    プラスドライバー一本。場合によってはマイナスも。

    ・ノブ式からレバー式に変えることは可能?
    サイズが合えば可能っぽい。

    ・手順は?
    1 ドアノブの軸部分のネジを外す。ネジが見えない場合は、軸部分に小さな穴が無いか確かめる。あればそこを先端の細い物(うちのはボールペンでもいけた)で押しながらノブを引っこ抜く。ネジも穴もない場合はねじ込み式だと思われるので、ノブを反時計回りに回すと外れるはず。ネジや穴があるのはドアの裏表どちらか一方のみという場合が多かった気がする。

    2 ドアノブをドアに固定している台座部分のネジを外す。台座部分が円盤型のカバーで覆われている場合(風呂とか)は、そのカバーの隙間にマイナスドライバーを入れてこじるか、カバー自体を回すと外れる。んで、現れたネジを外す。

    3 ドア側面のネジを外す。ノブを回すと出たり引っ込んだりする部分ね。

    ここまででドアノブがドアから完全に外れるはず。あとは外したドアノブのバックセットのサイズ(ドアノブの軸の中心からドアの端までの長さ)とドアの厚さを測って、ホームセンターなどで同じサイズのドアノブを買ってきて逆の手順で付ければ完了。サイズが不安なら現物持って行って店員に聞くのが無難かも。自分が交換したときは、厚さがぴったりの物が無かったので、ゴム板を適当な大きさに切ってドアとドアノブの間にかませてごまかした。

    手順自体はこんな感じ。風呂のドアノブなどで、ネジが錆び付いて固着してたりして回らない場合はドアノブ修理記参照で。
    スポンサーサイト
    管理者にだけ表示を許可する

    TrackBackURL
    → http://3s.blog8.fc2.com/tb.php/45-63d6345b
    Template by まるぼろらいと
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。