Some Slight Swears ライントレース
         
    俺達に明日はあるとかないとか
    スポンサーサイト   --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ライントレース   2011.01.31 Mon
    ここ最近は脱力した楽なフォームで「倒す>伸ばす」を心がけてきたんだけど、これだけを意識してると最下点で肘が下がったりラインが直線的になったりして良くないことに気づいた。

    修正後のイメージ
    テイクバックではフライトが弧を描くように倒す。このとき若干手首を返した方が左右にブレずにテイクバックできる。返しすぎて手首で投げるフォームにならないように注意。
    スローは直線的に腕を伸ばすのではなく、ダーツが描く弧の軌道を掌とフライトでなぞるイメージで。直線的に延ばすと、イメージより下に刺さる>腕の振りが速くなる>力むの悪循環に。放物線ラインのイメージで投げると力みも抜けやすいし、持ちすぎを防ぐ効果もある(ような気がする)。

    ラインイメージとは別に最近意識していること
    ・グリッププレッシャーは極力弱く
    ・接地面積は必要最低限に
    ・メインは親指と人差し指の2本
    ・中指と薬指はティップに触るか触らないかぐらいのレベルで補助
    ・薬指でターゲットを狙う
    ・テイクバック>スロー中も薬指でラインをなぞるイメージ
    ・掌の形はリリースまで崩さない
    ・フォローを見る
    突っ張りフォロー=ラインが下がっているor直線的になっている
    右方向への掃いフォロー=テイクバックで肘が左に入ってスローの軸が左方向へブレている
    前に引っ張られる伸ばしフォロー=持ちすぎ、ラインが下がっている
    スポンサーサイト
    管理者にだけ表示を許可する

    TrackBackURL
    → http://3s.blog8.fc2.com/tb.php/94-b286c30b
    Template by まるぼろらいと
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。