Some Slight Swears
         
    俺達に明日はあるとかないとか
    スポンサーサイト   --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    最近のダーツ   2012.02.26 Sun
    もうこのタイトル10回ぐらい使ってる気がするわ。
    ってことで最近意識していること。

    ・セットアップで肘をなるべく遠くに置く(固定するというより、机に乗っけるイメージで)
    ・バレルを指に乗っけるイメージでグリップ
    ・ラインに乗っけるイメージでスロー

    この「乗っける」ってイメージは脱力しやすくてなかなか良い。
    ラインに乗っけるっていうイメージはそもそもラインがイメージできてないと難しいんだけど、ラインをイメージするときにモンハンの弓の射線(狙ってる時にでる赤い放物線)をイメージしたり、手元・頂点・着弾の3エリアに分割したり(これはKTM氏の受け売りだけど)するとイメージしやすい。

    ラインをイメージするっていうのは、ダーツを投げるという動作を脳が3次元でとらえるっていうことなんだと思う。これができてないと2次元的な投げ方になってしまい、[手元から離れる]>[○○に刺さった]っていう極めて少ない情報で試行錯誤しなくちゃならない。そうすると入ってくる情報が少ないから、矢速でどうにかしようとして力が入り、更に入ってくる情報が少なくなるという悪循環に。

    じゃあどうすれば脳が3次元でとらえてくれるのかっていうと、一つは単純に目から入ってくる3次元情報を多くすること。十分な明るさのある場所で投げるとか(店のダーツスペースって大概暗いんだけど、どうにかならんのか)、ターゲットのみを注視するんじゃなくてボード全体(あるいは台全体、空間全体)を見るように意識するとか。
    もう一つは複数メニューとインターバル。練習時にずっと同じゲームを続けていると、どうしても脳と体が慣れてしまい、入ってくる情報が減った結果二次元的な投げ方になってしまう。なので、ゼロワンとクリケ(クリケの練習に一人でクリケやるのは難しいのでクリカンかハーフイットがおすすめ)を交互にやる。
    余談だが、人間の体は一つの動作を長時間練習するより、関連した異なる動作を組み合わせて練習した方が効率よく上達できるらしい。また、インターバルとして適度に休憩を入れることで、動作に慣れてしまった脳と体に再び外部情報が刺激になるようにする。

    ラーメン食べてると、最初の一口はうまいんだけど、食べてるうちに舌が慣れちゃって味がよくわかんなくなってくることがあるんだけど、あれと一緒で、脳も刺激には慣れちゃうもんなので、それを意識的にリセットして、体から入ってくる情報を常にクリアに受信できる状態にしておくことが重要。
    Jane2ch.iniをメモ帳か何かで開き、WrtAgreementKey= のあと(自分の場合はkibi=dangoになってた)を &yuki=akari に変更し、WrtCookie= のラストに ;yuki=akari を追加して上書き保存すると書き込めるようになった。
    ベイビーステップ   2012.02.12 Sun
    かねてから面白いと聞いていたベイビーステップが、ホームのwakwakplazaにあったので読んでみた。
    テニス漫画なんだけど、メンタル面に関する理論がなかなか詳しく書かれていて面白い。

    「命令する自分」と「実行する自分」がいて、「命令する自分」が優位だと頭で考えてることに
    体が追いつかず、かたくなってしまう。「実行する自分」が優位だと、体が自然に動いて
    本来のパフォーマンスが発揮できる。という話が興味深かった。作中では「コートに絵を描く」と
    表現されてたんだけど、ダーツでいうと「ラインを描く」とか「フライトを引っ張るイメージ」とか
    「肩から大砲を撃つイメージ」っていうようなことがそれに該当するんじゃなかろうか。

    「肘は動かさない」、「真っ直ぐテイクバックして真っ直ぐスロー」、「必要以上に力を入れない」
    っていうようなことを意識するのは「命令する自分」だから、一個一個は意識できても、一度に全てを
    一つのフォームにまとめるのはすごく難しいんだと思う。だから「実行する自分」に合理的な
    イメージを持たせて、それを実行することでフォームの問題を一辺に解決しちゃおうぜ!ってなことなんだろう。

    この漫画、技術的にもメンタル的にもダーツに応用できる要素が盛りだくさんなので、ダーツプレイヤーに是非オススメしたい作品です。
    libra3

    Joker HybridのLibraをしばらく投げてみた感想とか。

    [良いところ]

    ・抜けが良く、引っかからない。かといってすっぽ抜けない
    これがこのバレルの最大の長所だと思う。
    自分は汗っかきなので、手のコンディションによって引っかかったり、すっぽ抜けたりということが
    結構あるんだけど、それがほとんどない。グリップに神経を使う必要がないというのがこれ程までに楽だとは。
    カット有りバレルもノーカットバレルも色々使ってきたけど、グリップ面ではどのバレルよりも抜群に良い。

    ・バレルの長さと方向性を意識しやすい
    41mmというやや長めなフォルムと、絶妙なテーパーで、長さと方向性を意識しやすい作りになっている。
    長さと方向性を意識しやすいってことは、きれいなラインをイメージしやすいってことなので
    その辺りを意識しているプレイヤーには特におすすめしたい。

    ・ティップ、シャフトが緩みにくい
    これはpokerがやたら緩みやすかったので、良い点というよりはpokerと比べて良くなった点という感じ。
    いずれにしてもティップはミニプライヤーで増し締めしてるから、手間としてはあんま変わってないけど。

    ・安い
    Hybrid以外のJokerバレルやら、他社の1万超えのバレルと比較しても遜色のない性能ながらこの価格。
    表面加工とか質感とかは知らん。

    [気になるところ]
    ・バレルの長さ故か、ラインが直線的になりがち。
    手離れが良い>意識的に点でリリースをする必要がない>持ちすぎる
    という本末転倒なことになってるような気がしないでもない。慣れと意識の問題か。

    ・マイクロカットの汚れが半端なく落ちにくい
    溝が細かすぎて、たまった汚れが必殺の「コットン+ネイルリムーバー」でも全然落ちない。
    超音波洗浄機系だと落ちるのかな。なんかいい方法ないですか。

    [総括]
    カット有りだと引っかかる、ノーカットだと頼りないって人には唯一無二の存在になりうるバレル。
    強いて言うなら長さで好みが分かれるかも。あと、バレルが長い分、セッティングを変えた時の影響が
    結構大きい気がする。そんな感じ。

    FitフライトAirのライトグリーンがなかなか良い色だったのでティップも合わせようと思い、darts hiveを見てたらLipのライムが良さそうだったので早速注文

    hive

    届いたティップがこれ。



    ウェイウェイウェイウェーイ

    モニタの色味とかそういうレベルじゃねーから!
    色いじりすぎだから!
    このままの色では間違いなく一生使わないので、染めなおすことを決心。

    ってことで池袋ハンズでRitの蛍光イエローを買ってきて染めなおした。
    その結果



    真ん中が染める前(ライムっていうかミントアイスっぽい)、上が白Lip+Rit蛍光イエロー、下がライムLip+Rit蛍光イエロー。

    思いのほか良い色になった。3分染めてこんな感じだったので、フライトと同じくらいの色にするなら2分でもいいかも。白Lip+Rit蛍光イエローだとちょっと黄色すぎるので、黄緑ティップにするならライムLip+Rit蛍光イエローがおすすめ。

    っていうかLipはとっとと黄緑出して、hiveは色いじってない写真撮りなおしてください。

    そういや写真撮るの忘れたけど、Fit強化シャフト(白)もRitで割ときれいに染まった。けど、さすがにバレル以外オール黄緑とかくどいのでシャフトは白にしとこう。
    Template by まるぼろらいと
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。